読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大野真澄とあさみ

すっぽんの恵み すっぽん小町

デトックス」法には危険性やトラブルは本当に無いと言えるのだろうか。そもそも体の中に溜まっていく毒素とは一体どのようなもので、その「毒」とやらは果たしてデトックスで排出されるのだろうか?

ことさら夜の歯のブラッシングは大事。蓄積されたくすみを取り除くため、寝る前はちゃんと歯をブラッシングすることをおすすめします。しかし、歯のブラッシングは回数が多ければ良いわけではなく、質に留意することが大事だといえるでしょう。

気になる下まぶたのたるみの改善策で最も効果が高いのは、顔面のストレッチでしょう。顔にある筋肉は気付かない内にこわばってしまったり、精神の状態に左右される場合が頻繁にあるのです。

化粧の欠点:泣いた時にあたかも修羅のような恐ろしい顔になってしまう。微妙に多くなっただけで下品になってしまい地雷になってしまう。顔の造形をごかますのには限界があること。

辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の主因には、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等によるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な要因、3.栄養面での因子、4.環境面での要因、5.前述した以外の見解などが主に挙げられる。



美容雑誌でまるでリンパの滞留の代名詞のように書かれている「むくみ」には大きく2種類に分けて、体の中に潜伏している病気によるむくみと、病気ではない人でも起こる浮腫があると広く知られている。

よく耳にするピーリングとは、役目を終えた不要な表皮をピール(peel:皮をはぐの意味)し、生成されたばかりの若くて美しい皮膚(角質)に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする優れた美容法です。

マスカラなどのアイメイクを落とす時にきちんと落としたい一心で力任せにゴシゴシクレンジングするとお肌が傷んだり発赤等の炎症を起こして色素沈着が起こってしまい、目の茶色い隈の元凶となります。

歯を美しく維持するには、奥歯まで入念にブラッシングすることが大切です。キメ細やかな泡とソフトな歯ブラシを使って、ゆっくりと時間をかけたお手入れをすることが望ましいといえます。

洗顔料で毛穴の奥まで汚れを洗い流しましょう。石けんは皮膚に合ったものを選んでください。肌に合ってさえいれば、安価なものでも大丈夫だし、固形のせっけんでも何も問題はありません。



メイクの長所:新しい製品が発売された時の楽しさ。メイク前のすっぴんとのギャップに楽しさを感じる。色々なコスメに資金を費やすことでストレスが発散できる。メイクそのものの知識欲。

最近人気の頭皮ケアは一般的にスカルプケアとも呼ばれているお手入れ方法です。頭皮は髪の毛の困り事の代表である抜け毛やうす毛などに深く関わっていると同時に、顔の弛みにも影響を及ぼしているのです。

肌の細胞分裂を促進し、皮ふを再生する成長ホルモンは明るい時間の活動している最中にはほとんど分泌されず、夜になってからゆっくりと身体を休め寛いでいる状態で出始めます。

内臓の健康の度合いを数値化できる特別な機械があります。『ノイロメーター』という名前の医療機器で、人間の自律神経の状況を調査して、内臓の健康状態を確認できるという革新的なものです。

レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、頑固なシミをほんの数週間で淡くするのにことのほか有用な治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑・赤く残ってしまったにきび跡などに使われます。